ネットショップに必要な機能とVPSでの対応

  • ネットショップに必要な機能とVPSでの対応

    • ネットショップを開くならVPSサービスが便利です。レンタルサーバでも用意されていることが多いですが、設定のカスタマイズ性を考えるとVPSの方が利点が多いです。



      VPSでネットショップを開く際には自前でソフトウエアをインストールしなくてはなりませんが、インストール代行オプションやWebからインストールできる管理ツールオプションなどもありますのでコマンドが苦手な方でも利用できるようになってきています。VPSサービスでネットショップを開く際に重要になるのがクレジットカード決裁です。



      多くの場合、決済代行サービスを利用することになりますが、その際、指定されたポートを開けておく必要がある場合が多いです。
      これは決裁の結果をインターネットを通じて送ってくるからであり、セキュリティを設定しなくてはなりません。
      ポートの設定についてはコマンドで設定できますし、管理ツールを契約しているならWebでも可能です。

      ポートは多く開くことは殆どありませんのでセキュリティ上困ったことにはなりづらいです。


      その他、メールサーバやWebサイトの設定も必要ですが、一度設定してしまえば長く安定して使えることが多いです。


      また、OSのアップデートやソフトウエアのアップデートが必要なケースが多くありますが、自動化することもできますし、代行サービスも利用できます。



      アップデートの自動化をする際には再起動のタイミングは要注意であり、設定できることが多いので適切に対応したいところです。

  • 関連リンク

    • レンタルサーバーといわれるサービスには。大きく分けて専用サーバーと共有サーバーとがありますが、専用サーバーの場合はOSの管理者権限が付与されるため様々なソフトウェアをインストールできるなど、自由度が大幅に向上します。...

    • 個人でSNSを運用する方が増えています。SNSと言えばFaceBookなどもありますが、グループで自由に利用できる場としてSNSの構築が多くなっています。...